2010年2月26日金曜日

10.2.21 ちばしばり・2-3

成田の6番線はエメラルドグリーンのE231系が顔を出し、スカ色や房総色の列車たちとはひと味違った雰囲気を出している。

成田線は佐倉—松岸間を軸に成田—我孫子間、成田—成田空港間の支線も有する。
このうちの成田—我孫子間の通称「我孫子線」は常磐線快速列車とつながった運行系統で、2〜3本に1本が常磐線上野発着の列車となっている。


E231系(成田)

停車中のE231系は10連の上野行。始発駅のため3/4閉扉をしていたが、外は春めいてわりと暖かめだった。
我孫子線の車両は常磐線快速列車と共通で、マト区のE231系の5連または10連での運転。かつてはスカ色113系とエメラルドグリーン103系が混在していた時代もあるが、現在マリ車は入らなくなっている。

この列車に乗って我孫子へ向かう。
成田を出ると、253系下りN'EXと併走。N'EX車内からこちらの電車をビデオ撮影している客もいた。
N'EXが進む「本線」と別れてしばらく進むと真新しい高架線が見えてくる。京成の新スカイライナーが走る「成田スカイアクセス」の線路だ。
この我孫子線との交点には成田湯川駅が設けられていて、すでに駅舎には駅名が表示されていた。スカイアクセスはこの駅から成田空港側は単線となる。我孫子線にも駅設置の計画があるようだが、現時点では施設面の準備はなされていない。開業当時の北総線東松戸(武蔵野線があとから駅設置)や新鎌ヶ谷(新京成・東武野田線が後から駅設置)を見ているようだ。


E231系(下総松崎)

我孫子線内は全線単線だが、途中駅は全て交換可能になっている。成田から最初の駅である下総松崎(しもうさまんざき)では5連の列車と交換。一旦ホームに降りて撮った。
この駅はヘンな読み方でわりと知られていると思うが、成田線の「本線」で成田から3つ目の下総神崎駅も“かんざき”ではなく「しもうさこうざき」とフェイント読みだ。

我孫子線は千葉北西部らしい田園風景を淡々と進む路線で、小林など駅の周りに住宅地がどーんと現れたりする所もある。
後半は眠気に誘われ、かなり気持ちよくなったところで我孫子に到着。もうちょっと寝たかったな。




203系(我孫子)

緩行ホームに203系がいたので撮影。E233系2000番台の導入で203系は全廃されることが決まっているが、今のところ最初の1本が登場したっきりE233系は増えておらず、置き換えられたのは207系900番台の1本だけだ。E233系は2010年度から再び増備されるようだ。





メトロ6000系(我孫子)

折り返し唐木田行となるため、幕の回転中はいろいろなコマが出てきた。メトロ車が小田急線内で準急となる運用と新百合ヶ丘〜本厚木間に入る運用は現在は消滅している。



651系特急「スーパーひたち」(我孫子)

6000系を観察している間にいいところ(緩行線のとなり)を通ってきたスーパーひたち。後追いは停止目標が邪魔になってしまった。



メトロ6000系(我孫子)

6026の車内は竣工時の雰囲気が強く残る。




メトロ6000系(我孫子)

爆弾ドアを「ボーン!」と閉めて出発。小田急線内は多摩急行となる。

快速・中電ホームに移り、ホーム上にある立ち食いそば屋「弥生軒」で昼食。弥生軒は裸の大将・山下清がバイトをした店として知られている。快速・中電ホームの上下線それぞれ2カ所・計4カ所の店舗を有する。
これまで何度か入ったことがあるが、初注文の唐揚げ2コ入りのうどんを食した。かけうどんのだしに浸った「唐揚げ」は唐揚げというよりチキン南蛮的な食感だが、とにかく大きくて味もオツだ。めんを中心に食べたい場合は唐揚げは2コだと多い。


E231系(我孫子)

我孫子始発の5連の成田行。




メトロ6000系(我孫子)

6130はリニューアル工事を受けていて、ドアは縦長窓のものに交換、方向幕はLED化され、内外ともに見た目が変わっている。
この列車で新松戸へ移動。




メトロ6000系(新松戸)

我孫子を出た時点で眠気がすごく、夕方以降に家にいなきゃいけない予定もあるので武蔵野線で西船橋へ出ることに決定。のりかえる前に06系やE233系2000番台なんかが来やしないかと淡い期待を抱いて少々粘ってみた。




203系(新松戸)

上り列車には件の稀少編成は来ないことはわかっていた。



203系(新松戸)

下りも203系か。もう帰ろう。
我孫子や新松戸での過去の写真はこちらの記事で。同じアングルも。


武蔵野線205系(南船橋)

西船橋で下りるのをやめて、南船橋まで来た。初乗り130円では収まらないが、二俣新町から歩いて帰宅することに変更したのだ。これでも船橋からは千葉・成田・我孫子・新松戸経由できちんと一筆書きで来ている。大回りではないが、千葉県内の中回りといったところか。


201系(南船橋)

京葉線205系各駅停車の先頭車でとなりの二俣新町へ移動。海老川の橋梁を渡ったところですれ違う201系をガラス越しに撮ってみたら、思いの外手ブレがなく撮れた。
続いて二俣新町手前の二俣支線合流点では武蔵野線205系とすれ違い。こちらも同じく撮ってみたが、話しにならないほどブレていた。揺れる車内から手持ちで撮るとフツーはブレる。



205系(二俣新町)

降りたと同時にやって来た下り列車を撮っておしまい。
運行番号下の位置にミニ表示器が付いているケヨ1編成だった。その番号札は端に追いやられてステッカー式になっている。

朝の船橋で入ったきっぷを一応精算機に投入したら、時間のエラーは出ずそのまま精算できた。5時間半近く経っており、ICカードだと蹴られる時間だと思う。ただしきっぷでもある程度を超えると精算機は受け付けないので、そのときは有人改札で経路を説明して精算する必要がある。

…というわけで、2日連続で千葉県内限定で動いたのであった。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

10.2.21 ちばしばり・2-2

湘南色117編成を見送ったあと、E491系が登場。





E491系「EAST i-E」(千葉)

きのうブレてマトモに撮れなかったEAST iの電車のほう。しばらく停まるこの千葉駅できっちり収めることにしたのだ。
総武本線ホーム7・8番線の端で何かを待ちかまえていた少年はこの車両が来たのを見て走って移ってきた。訊いてみると、491が来るのは知らなかったようで、きょうは113系を撮りに来たんだそう。






E491系「EAST i-E」(千葉)

きょうは鹿島神宮までの検測なので成田線用10番線に入った。きのうのキヤ然り、事業用車であっても、この千葉駅においては行き先路線別ホームのルールをしっかり守っているのが面白い。駅を出たら同じ線路を走るのだが。


211系(千葉)


EF65 1078+貨車(千葉)

この千葉駅に向かっているニューなのはなは途中駅で撮ることに決め、先の写真の211系銚子行で移動。都賀の端っこがよさげなので降りた。
他の列車を見送ることなく、ニューなのはなは間もなくやって来た。




485系「ニューなのはな」(都賀)

ちょっと日が隠れたのが残念。



485系「ニューなのはな」(都賀)

都賀には千葉都市モノレール2号線が通りコラボが期待されたが、1分ほど前にモノレールが通り過ぎた。
ニューなのはなは一旦停車して団体客の一部と思われる客を乗せてから千葉へ向かって進んで行った。

E217系快速に乗り、何となく物井で降りた。ここからは特に狙いを定めた列車はなく、行き当たりばったりだ。



E257系特急「しおさい」(物井)

この列車を撮るため一旦上りホームへ移動した。物井はホーム上屋が伸び、橋上駅舎もできて垢抜けた。18年ほど前の風景はこちらで。


EF65 1078+貨車(物井)

下りホームへ戻る。
帰ってから写真をまとめていて気づいたが、これは先ほど千葉駅で撮った貨物列車。たぶん四街道あたりで抜いたんだろうな。


E217系(物井)

住宅が増えたがまだまだ駅の周りはひらけた風景。私は訪れたことがないが、物井—佐倉間は「モノサク」と呼ばれ有名な撮影スポット。この駅でボーっと列車を待っている間も、ちょろちょろと撮影者が駅に向かって歩いてきた。E491系やニューなのはなを撮ったんだろう。





211系・E217系(物井)





E259系特急「成田エクスプレス」(物井)

下りN'EXが通過してしばらくすると今度は上りN'EXが通過。これは確実にモノサクのどこかですれ違っているな。



113系(物井)

黄緑色の正面方向幕の成田線列車。「千葉」「銚子」の方向幕は漢字と英字の間に「成田回り」の注釈が小さく入っている。これは総武本線と成田線それぞれに千葉—銚子間の列車があり、千葉—佐倉・松岸—銚子間で両者を見分けるための措置だ。黄色の総武本線幕は「八日市場回り」が入る。
なお、写真の列車は鹿島線鹿島神宮発千葉行で、「成田回り」の注釈は必要ないようにも思えるが、黄緑の千葉幕はこれしかないのかもしれない。

このあとやって来た下り113系成田行に乗る。無人のボックスシートに座れたが、次の佐倉でドッと乗って来て車内は結構な混雑に。私の座ったボックスも2人のオッサンが加わった。総武本線八街方面からののりかえ客だろう。
我孫子へ出ることに決め、列車の終点の成田へ向かう。物井から佐倉、酒々井、成田と三駅だが、この辺りは駅間が長く思いの外時間がかかる。



113系(成田)

2本の当駅発鹿島神宮行113系が並ぶ。向かって右・3番線の列車は11時41分発。左・5番線は1時間後の列車の運行番号を出している。両者の間には千葉始発の銚子行が1本走る。


EF65 1078+貨車(成田)

ホームのない中線の4番線にやってきた貨物列車。現場では「きょうはよく貨物列車に遇うな」と思っていたが、三たび同じ列車。また途中で抜いたようだ。





113系(成田)

5・6番線ホームへ移動。
5番線の列車は1時間半ほどあとの出発ということで車内にはだれもいない。実は、物井から乗ってきた列車が転線して鹿島神宮行に化けたもの。千葉発成田行として11時3分に到着し、1時間36分後の12時39分に成田発鹿島神宮行として出て行く。
車内写真はクハ111-1404で、前後の写真の先頭車だ。シートはバケットシートに変更されていて、程度のいいリニューアルが行われている。
(※追記:このマリ214は2カ月後の2010年4月27日に、右のマリ208は同5月10日に長野へ廃車回送されました)
房総には出っ張りすぎのヘッドレストのせいで座ると猫背気味になるリニューアル座席の車両もある。(つづく)

(右上101系写真から入れるアルバムに、記事にない写真も載せています)