2012年8月27日月曜日

12.8.26 帰還・183系

この日、自宅の電話回線のキャリア変更による工事の予定が午後に入っていた。
新キャリアの工事は新キャリア担当の業者の施工ですでに終わっている。今回は旧キャリア担当の業者の工事。新キャリアの工事の際に屋外配線を加えていたので、旧キャリア用の取り外しなんかもあるのかと思っていたが、結局用事はレンタル機器であるG-PONの回収だけ。すでに自分で取り外して、保管しておいたボール箱に丁寧に詰めておいたG-PONを手渡しして「工事」はあっさり終わってしまった。

13時〜17時のどこかという大雑把な指定だったが、結局13時台にそれが済んだ。 きのうの183系の回送が14時台に京葉線通過ということを把握していたので、撮りに行くことにした。


カウントダウン

順光となる南船橋で撮ることに決め、地元の二俣新町駅から京葉線に入る。駅前に着いたところでEF210単機が二俣支線を西船橋へ向けて通過していった。



E233系(二俣新町)

4本ある分割編成が登場。
いつぞやはしょっちゅう撮っていたこのカーブ。E233系天下になってからは京葉線を撮る機会が減った。ここの防風柵が仕上がった状態で撮ったのはこれが初めて。アルバムで振り返ると、昨年12月の足場がある状況が最後の撮影だった。

下り各停に乗って隣の南船橋へ移動。通過列車の表示があったので下りホーム1本分歩いて東京方端っこへ。


E257系500番台特急「わかしお」(南船橋)

貨物を期待したが特急だった。
「ロケット」がなければ、という感じだったこの場所、この線路間にも防風柵の設置が進んでいた。もっと左側から撮る人が多いこの場所、この角度からしか撮れなくなる感じか。

改札コンコースで再入場しつつ上りホームへ移動。


E233系(南船橋)

ホーム端に着いた時点でこの快速が発車。




E233系(南船橋)

また分割編成が来た。今回は基本的にこの3アングルをずらずらと並べる。

武蔵野線の接近放送。ロングズームで撮ってみる。






武蔵野線209系500番台(南船橋)

武蔵野線用は3本体制が長らく続いている209系500番台。未だこのオレンジの209系に出くわすたびワクワクする。少数派かつスタイリッシュなのが理由か。




E233系(南船橋)

外房線上総一ノ宮からの快速…とわかる「ファン向け」の表示内容。一般乗客へのサービスを考えれば、蘇我でノーマル快速表示に切り替えるべきだ。乗り慣れない人ほど頼りにする表示に用済みのムダな情報があるのはいいことではない。



E233系(南船橋)

時刻的にはこの列車のあとが183系の回送だろう。

接近放送のあと遠目に国鉄特急色が見えた。




183系(南船橋)

「さざなみ」シールHMが貼られたままだったらいいのにと淡い期待を抱いたが、はがれていた。白地表示で暑さに歯をくいしばる顔に見えるのは気のせいか。



183系(南船橋)

低マユ毛。この回送は津田沼→千葉→蘇我→誉田→蘇我→京葉線→西船橋→武蔵野線→東大宮操というルートどり。




E233系(南船橋)

ケヨ34や相変わらずダイヤを把握していない貨物列車でも来ないかと、もうちょっとここに立ってみる。


武蔵野線205系(南船橋)

「府中本町」表示で入ってきた205系。「吉川美南」幕を撮りたかったが。幸か不幸か、吉川美南駅開業後なかなかの頻度で同駅での非常折り返し措置が発生している。




E233系(南船橋)

3本目の分割編成に遭遇。順番もケヨ554+F54、ケヨ553+F53、ケヨ552+F52とカウントダウン。




E233系(南船橋)

ケヨ34も貨物も来なそうだな。次の各停で帰るか。


E233系(南船橋)

各停もE233系。


衝撃のラストシーン

二俣新町に戻る。上下とも通過列車が続くようなので、特急が立て続けにくるいつものパターンにまちがいない。


E257系500番台特急「わかしお」(二俣新町)


E257系500番台特急「わかしお」(二俣新町)

やっぱりね。このあとEH500牽引の貨物が西船橋から南船橋へ抜けていった。本線合流前に信号待ちでじっくり停まっていたが。

ノドが乾いたのでホームの自販機にあった「宮崎県産日向夏」使用の三ツ矢サイダーを購入。500mlペットで¥160とちょっと高いが、これがウマかった。


E233系(二俣新町)

快速通過。屋根へ向かって曲がっているガラス面が反射してしまった。フィルタはつけていないのでこうなるのは仕方ない。


E233系(二俣新町)

サイダーはどんどん喉の奥に消えていく。立て続けに来る上下の各停を撮ったら帰るか。暑いし…。



E233系(二俣新町)

ワイパーの掃き跡が強調される先頭と、夏の厚くて白い雲を写す最後尾。まさかの分割編成カウントダウンコンプリートでの美しい終焉だった。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

2012年8月25日土曜日

12.8.25 ついでの野田線

船橋でのリバイバルさざなみの撮影を終え、そのまま帰るのも何なんで東武野田線でも撮ろうかと移動。今回は車で出かけているのだ。


影に惑わされ

最初に来たのは鎌ヶ谷—馬込沢間の踏切。昨年同じ真夏にチャリで訪れた場所だが、相変わらず丸山地区は道がわかりづらく、初めて車で来たこともあって遠回りしてしまった。あ、車にはナビなんぞつけていない。



8000系(鎌ヶ谷—馬込沢)

うーん、すでに沿線家屋の影が出てしまっている。前回の印象とは違うが、15時すぎだから仕方ないか。


8000系(鎌ヶ谷—馬込沢)

下り列車のあとすぐ上り列車が来るのがここの踏切。8101…トップナンバーか。1963(昭和38)年製ということで、今年が50年目! そう考えるとすげぇな…。ステンレスカーより重い分頑丈だとか。さらに日当たりが悪いアングルだったが、撮ってよかった。

そう言いつつも、もっと日の当たるところを求めてとっとと移動することにした。
近くは何度も通りかかったことがあるが立ってみたことがない、という場所にトライしてみた。


8000系(馬込沢—塚田)

馬込沢を過ぎて船橋方のとなりの駅間に来た。ここは2つの踏切の間がカーブになっていて、アウト側に細い道がある。この道には車は停められないので、ちょっと離れた場所に置いてカーブを覗きに行ったら、すぐ上り列車が来た。もちろん狙いは背中側の下り先頭のアングル。



8000系(馬込沢—塚田)

車を新たに見つけた邪魔にならない場所に移し、カーブに戻る。移動中に下り列車1本を見送ったので、再度上り列車。



8000系(馬込沢—塚田)

うん、いい感じだ。もっと早くここに来ればよかったな。



8000系(馬込沢—塚田)

LED表示はこの車両には似合わない。



8000系(馬込沢—塚田)

10分ヘッドの運行だが、この10分で貫通扉にこんなに影が落ちるようになってしまった。…ということであっさり撤収したわけだが、こうして見てみると、貫通幌がある分でこれだけの影になったのか。
暑さと細い道を抜け道にして走り抜ける車をやりすごす面倒くささに負けたというのが本音。

なお8000系の話題では、先日原形顔で生き延びていた8111Fが登場時のツートンカラーで出場して試運転を行ったというニュースが出た。東上線引退後春日部に移っているのは知っていたが、動態で残す気だったとは。8111Fの所属は東武博物館なんだそうだ。
今月29日〜9月2日に大宮—とうきょうスカイツリー間で団臨運転が予定されていて、大宮—春日部間は野田線を走るというわけだ。いつか春日部以東にも来てほしいもんだ。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)