2012年11月25日日曜日

12.11.24 ご近所アングル・2

西船橋から本八幡へ移動。神保町へ行くため、都営新宿線に入る。
神保町へは直接行かず、船堀で少し撮って行こう。1年半ぶりの都営新宿線撮影。


タワーのふもと

都営交通でありながら千葉県市川市にある本八幡駅。わが地元とも路線バス(60分ヘッドだが…)でつながっている「ご近所」だ。


京王9000系(本八幡)

はるか西の奥、神奈川県相模原市緑区の橋本駅を目指す京王車の急行が停まっていた。震災から2カ月弱だった前回の撮影時、日中の急行運転は行われておらず、これが新宿線内急行初撮影。




京王9000系(本八幡)

無人のときよくやる、車内見付の記録撮影。メーカー標示の手書き「2008」は現場係員によるものか? それともマニアの落書きか?



10-000形(本八幡)

京王車より後に到着した都営車の8連各停。折り返しはこちらが先だった。10-000形は今や都営地下鉄・東京メトロ所属車両の中で唯一のコルゲート外板の車両になった。


京王9000系(船堀)

9000系急行で船堀に到着。ランドマークであるタワーホール船堀を絡める。前回のこの駅での撮影は下り本八幡方。今回は反対の上り新宿方に立つ。




10-000形(船堀)

瑞江で追い抜いた10-260Fと再度遭遇。瑞江駅は東急田園都市線桜新町駅と同じく、島式ホーム1面の両側壁を隔てた先に通過線を持つ構造の地下駅。




10-000形(船堀)

駅の新宿方はすぐ鉄橋かと思っていたが、意外に距離があり、かつカーブになっていた。この駅も私の「ご近所」と言っても問題ない距離だが、東西線がある限りまぁこの駅を通る機会はなく、知らないことが多い。




10-000形(船堀)

先ほどの笹塚行きより1本古い番号の10-250F。250・260は7次車で、当初からLED表示器を使用している。



10-000形(船堀)

急行での出発前に本八幡に来たのを見たのがこの10-280F。10-000形ラストナンバーでビード仕上げの外板。10-260Fまでとは異なる姿をしている。このタイプも270・280の2本のみの製造。
日中は本八幡基準で急行橋本行・新宿行・笹塚行・笹塚行のローテが1時間に3回繰り返されるパターンダイヤとなっている。




10-300形(船堀)

顔は東急5000系風の10-300形。同じ東急車輌の出身だが、こちらのほうがシュッとしている。



京王9000系(船堀)

顔は東武30000系風の10-280F。同じアルナ工機の出身だが、こちらのほうがシュッとしている。





京王9000系(船堀)

顔は…もういいか。この顔も他にありそうだが…。JR四国の7000系とか? 正面行先標示は小さすぎるな。



10-000形(船堀)

「方向幕」が残る、現役車の中では一番古くさいスタイルの編成が来た。英字もなく大きな漢字でクッキリハッキリ。お役所的スタイルだ。




京王9000系(船堀)

10-000形とこの9000形はともに昆虫顔というところ。とくに地下から坂を上ってくるシーンはそう見える。


京王9000系(神保町)

9745Fの急行に乗って神保町着。岩本町で追い抜いた10-000形幕車を迎える。




10-000形(神保町)

やっぱり地下鉄は地下駅でのシーンを撮っておかないとな。

この後出場し、買い物に出た。


揺れる竹橋

神保町で買い物やお茶(っていうかコーヒー)をして、メトロ東西線竹橋駅まで歩いた。未だ開業時のカラータイル壁が残るこの駅は昭和の地下鉄を感じられる。



05系(竹橋)

ホーム幅が狭い分、柱は建っていない。

数本の列車を撮ったら帰ろうと思い、ホームの西船橋方端にある柵に寄りかかって待っていた。B線に列車がやって来ると、その柵が激しく揺れだした。高架駅ならわかるが、これはおかしい。列車のせいではなく、けっこう大きい地震が起きたのかもしれない。


05系(竹橋)

…発車ブザーが鳴り終わり、B線の列車が客扱いを終えたが、ドアが閉まらない…すると、あのイヤな警報ブザーが始まった。やっぱりか。
「ただいま地震がありました。安全確認を行っております」との構内放送。動画サイトにアップされていた3.11地震発生後の駅の様子の動画で聴いたやつだ。先日仕事帰りに南砂町で聴いた非常停止ボタンのサイレンは耳につくイヤな音だったが、このブザーはムード的にイヤな音なのだ。
ホームにいた中高年の女性2人組は「地震なんて全然気づかなかったねぇ」と話していた。たしかに、地下では感じないことが多いが、私は柵の揺れで感じ取っていたわけだ。

結局5分も経たないうちに運転再開となった。よかった。




15000系(竹橋)

この快速がなかなか来なかった。私はこれに乗っても浦安でのりかえることになるので、後の各駅停車を待った。ダイヤ乱れ発生で「ここで数本の列車を撮ってから」の考えは中止。


15000系(竹橋)

黄緑色の濃淡のタイルはあちこち剥がれている。私の小さい頃からの記憶で、この同系色3段タイプは落合(黄)、早稲田(えんじ)、神楽坂(緑)、九段下(水色)、門前仲町(紫)、東陽町(赤)で用いられていたが、もはや残るのはこの竹橋のみ。ホームだけではなく、ラチ内外の長い通路にも残っている。


5000系(神楽坂・1995)(再掲)

竹橋に次いで残っていたのがこの神楽坂。3段タイプで線路側にも貼られていたのはこの単式2階建てホームの神楽坂だけ。運行時間帯に作業できない点で長く残ってるのでは? と思っていたが、いまはいかにも神楽坂っぽい内装にリニューアルされている。

さて、先の快速のあとにきた各停はなかなかの混みっぷり。次も各停なので空いてるのが来るだろうと思ったが、これが全然来ない。結局所定より10分遅れでやって来た。これも適度に混んでいたが、あきらめて乗った。葛西で座れた。

帰宅後、家族に訊くとやっぱり地震は大きかったようだが、テレビで報じられた震度は3で意外な感じだったとのこと。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

12.11.24 ご近所アングル・1

今回は買い物へ行く神保町へ向かいがてら、列車を撮っていこうというお出かけ。
地元・原木中山からスタート。本来は大手町へ出るべきだが、14時台に上ってくる総武線の貨物を撮るため07系の各駅停車で西船橋へ。


突然日の丸

私の乗ってきた72F(07系は東西線車両の中で71〜76の編成番号が割り当てられている)は西船橋7番線に入線。6番線にいる列車も07系と気づいた。7号車に乗っていた私はその並びを撮ろうと中野方10号車側へ進むと、6番線の発車ブザーが鳴る。小走りで先頭へ。




07系(西船橋)

本線上の07系の並びを撮ったのは初めて(車庫では一度あり)。普段通勤利用しているので目で見たことは無数にあるものの、三鷹—東葉勝田台間と広い運用範囲、私が撮りに出かけられる土日は休む編成が多いうえ、撮りやすい地上区間限定となるとなかなか偶然に出くわすことはない。4線ある西船橋は線内でもいちばん列車が散らばる。6・7番線で並ぶ確率もそう高くないかもな。

目の前にある中野方の連絡通路は日中は閉鎖。かつては同一ラチ内だったJRとメトロ・東葉は現在は中間改札で分けられている。改札があるということは係員が必要になる。3本ある通路のうちこの中野方は武蔵野・京葉線へののりかえができない分比較的利用が少ないため、とくに利用が減る日中は人員面の都合から閉鎖されている。メトロ・東葉内だけでは使えるといいと思うのだが。

中央の通路からJR側へ入り、総武線下りホーム千葉方端っこへ。


E231系(西船橋)

西船橋のこの位置は、地元でありながら、中学生時代に何度か撮っただけの場所。まずは到着した緩行を撮ったが、メインは快速上り。




E217系・255系特急「しおさい」(西船橋)

上り快速と255系の下り特急のすれ違い。255系は「ゆるキャララッピング」編成だった。


E231系(西船橋)

上り各駅停車。右は東西線〜総武線のオーバーパスで、東西線津田沼行のみが使用する。小さい頃の私は黄色い電車でここを通るとトンネル気分で楽しかった。101系がたくさん居たころだ。


E231系(西船橋)

今年新たに加わった前面窓助士側の編成番号レタリングは、こういう条件だと読み取りづらい。「B21」。


E259系特急「成田エクスプレス」(西船橋)

私の写真の中では、快速線の一直線の写真は少ないほう。この奥にあるカーブで撮ったものが多く占めているので。


E231系(西船橋)

ミツB80。80代の3本は2006(平成18)年製でミツ区の0番台では最新。


E231系(西船橋)

こちらはミツB8。上の編成より6年先輩。


E231系(西船橋)

武蔵野線205系とのコラボ。205系はドア窓天地が小さい、山手線からの転属車が見えている。


103系・113系「青い海」・武蔵野線201系(西船橋・1988)(d)(再掲)

26年前の同位置。快速「青い海」を撮ろうとここへ来たが、ズームが利かないカメラでここで撮るのはムダだった。たまたま武蔵野線に数少ない201系が顔を出したところで、貴重な瞬間だった。


113系・103系(西船橋・1988)(d)(再掲)

ご覧のように、構内は側線がたくさんあった。千葉方に貨物ホームがあったのだ。現在快速線の上下線間が空いているのは、いつかの快速ホーム設置に備えてではなく、この側線の名残。


E217系(西船橋)

ズームが利くカメラを手にしたいまだからこそ、この位置に立った。手前には快速上りと緩行下りの間に架線柱があって邪魔なのだ。

走行音がして振り返ったら、むむ、N'EXじゃない、白と赤の車両が…あれは…やっぱり。





E491系(西船橋)

E491系「East i-E」だった。さすがにノーマーク。わかってれば撮影位置は下総中山駅か、船橋カーブにしたかもな。
千葉方2両が電動車。東京方はクヤで、下枠交差形パンタは架線検測用。モヤの集電用パンタはシングルアーム。


209系500番台(西船橋)

なかなか来なかった209系が登場。ミツC511。


E217系(西船橋)

有名な構内放送文言「短い11両編成」の快速。クラY-51はE217系の最後の製造編成。クハはニセ貫通扉。



209系500番台(西船橋)

先ほどのミツC511より鮮やかな色をしているミツC506。日が当たるとなおキレイ。


E217系(西船橋)

これも11連。クラY-35。E217系の更新は今年で完了。濃い色の帯の車両は消滅してしまった。


E259系特急「成田エクスプレス」(西船橋)

快速に続き、N'EXも短い6連。


209系500番台(西船橋)

急に209系がよく来るようになった。もっとも、目の前に来たすべての緩行を撮って載せてるわけではない。


E231系(西船橋)

こっちだと日が当たるんだけどなぁ…


E217系(西船橋)

11連が続く。クラY-30。

さぁ、おまちかねの貨物列車登場。緩行のカブりはないようだ。



EF64 1047+貨車(西船橋)

国鉄色を期待したが、やって来たのはピカピカ更新色のEF64 1047だった。これはこれでよしとしよう。
調べると、今月12日から運用復帰。入場時までは少数派の広島更新色だったとのことで、それがなくなったのは惜しいというところか。

これを以て西船橋を後にし、本八幡へ出た。(つづく)

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)