2014年4月29日火曜日

14.4.26 東上線池袋口・3

ひと駅歩いてときわ台駅に到着。
古い時代に住宅都市として開発されたときわ台は、円形のクルドサックなど独特な道路構成が有名。


青帯を待つ

上板橋からほぼ線路に沿って続いた道はときわ台駅手前で途切れた。駅前ロータリーを抜けると踏切があり、ちょうど島式ホームの池袋方端っこに接する形になっていた。



10000系(ときわ台)

踏切から、到着した10000系を撮る。駅の利用者は多いが、ホーム幅は狭めだ。


50000系(中板橋—ときわ台)

踏切の池袋方は撮影向き。ここで8000系を待つことにした。
歩行者・車両とも通行量が多いため、歩行者の邪魔にならないように心がけねばならない。




50090系(中板橋—ときわ台)

本日初遭遇の50090系。快速急行なんてのもあったのか。
TJライナー用に用意された特別な車両で、社内はロング/クロスの変換可能な「マルチシート」が使われている。ロング状態でも扉間は6席とゆったりタイプになる。
紺の帯が入っており、50000系列の中では文字通り異彩を放っている。





10050系(中板橋—ときわ台)

中板橋駅の周りは東武独特の水色の鋼製架線柱が使われている。


30000系(ときわ台)

エンジ帯が下にある分、のっぺり馬面に見える30000系。



30000系・10030系(中板橋—ときわ台)

和光市以西はこの車種バリエーションにメトロ・東急・みなとみらい線の各車両が加わるのだから、見ていて飽きなそうだ。和光市駅には西武車も同駅折り返しながら姿を見せる。




10050系(中板橋—ときわ台)

東上線はこの駅間で環七通りを跨いでいる。その環七の外回りを進むと、大師線や伊勢崎線(スカイツリーライン)に辿り着くことができる。大師線は伊勢崎線西新井と東上線上板橋をつなぐべく設けられたが、結局1駅間で終わってしまっている。
ときわ台の住宅開発地はこの計画線に関連する用地として確保されていた土地を活かしたものだという。





8000系(中板橋—ときわ台)

8000系8181F+8560Fが戻ってきた。急行森林公園行だが、LED表示は切れ切れ。
中板橋駅とときわ台駅の間は700mしかなくお互いのホームもよく見える。ただ駅勢圏は環七や石神井川によって分断されている。

50090が来るので、引き続きとどまる。8000系とともに、青帯の車両。


10030系(ときわ台)

フルカラーLED表示器が設置されたリニューアル車。


50000系(中板橋—ときわ台)

これまでの時間帯には見なかった志木行の列車。10030系の上り列車に気をとられている間に来てしまったので、停車中の顔を撮る。


50070系(中板橋—ときわ台)

50000と違ってフルカラーLED表示器を使っている50070。
50070は7編成、50090は6編成と意外に編成数の差が少ない。地下鉄直通用は9000・9050もあるので、50070も7本で十分なんだろう。


10000系(中板橋—ときわ台)

50090がTJライナーで下ってきているのだが、上り準急が来てしまった。






50090系(中板橋—ときわ台)

よかった、被られずに済んだ。ビルで日が遮られたところではフルカラーLEDの表示もキレイに映ってくれた。
50090はこのように1枚の横長の表示器になっている。50000系列の他の型は種別と行先で表示器がそれぞれ狭い幅で分かれているが、「森林公園」「元町・中華街」「東武動物公園」「中央林間」など文字数の多い行先も多いので、 このあたりは工夫してほしかった。

これにてときわ台駅前での撮影は終了。


表示器バリエーション

ときわ台駅前でたい焼を買ってから列車で池袋へ出た。ここでも少し撮ったので、表示器に注目して眺めてみよう。



50000系(池袋)

非常扉あり・側面1枚窓の「合の子」50002F。ご覧のように「小川町」ですら窮屈な表示。


8000系(池袋・1990)(再掲)

東武の池袋駅での撮影は実はこの日以来。24年前(干支2周か…)は改装工事中だったようだ。
これまた多い文字数をつめこんだ発着駅表示の方向幕。この時代、東上線ではいろんな事情から車掌が方向幕を回さないことになっており(有楽町線直通列車を除く)、池袋駅の駅員がその作業をしていた。基本的に上り列車は池袋行であるため、こういう区間表示にして効率をよくしていたわけであるが、慣れない利用者にとってはどっちに行く列車だかわからないことも。



30000系(池袋)

幅を細くしない正体(せいたい)でキレイに表示された30000系の「森林公園」。50000系列はこの車両よりあとの登場なのにあぁなので、どうも引っかかる。



10050系(池袋)

中央に貫通扉があり、左右に表示器を振り分けたのであれば、行先表示がこういう幅になっても理解はできる。



50000系(池袋)

かぶりつきのオッサン乗客が気になるな…。
表示器をよく見ると「普 通」と「成  増」で字の間隔が異なっていて、行先のほうが若干広めになっているのがわかる。


9050系(池袋)

副都心線直通対応工事で種別と行先が一体化したフルカラーLEDとなった9050系。使える限りの幅を使っている。

これにて東上線は終了。


こちらもLED化

当初高田馬場へ出て東西線で帰宅するつもりだったが、船橋法典の讃岐うどん店に行きたくなり、JRで乗り通すことにした。
成増でそれを思っていれば、朝霞台まで出たかもな。
山手線で高田馬場をスルーして新宿へ出て、ホーム反対側に来た中央・総武緩行にのりかえ。余裕で着席できる乗車率で、西船橋までたっぷり舟を漕いだ。

武蔵野線でひと駅移動。うどんを食い終えて船橋法典駅に戻ると、上り列車の予告は「しもうさ号 大宮」の表示。
埼京線にいた車両から持ってきているのか、最近武蔵野線205系はLED行先表示への差し替えが進んでいる。LEDでの「しもうさ号」は未撮影なので、それに期待。私が乗るべき下り列車より先に来るのでちょうどよい。



205系「しもうさ号」(船橋法典)

期待に応えてLED車が来てくれた。武蔵野快速なき今、武蔵野線で種別表示が併記されるのは「しもうさ号」と「むさしの号」だけになった。

このあとは何も撮らず、帰宅した。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

14.4.26 東上線池袋口・2

ひきつづき成増付近の踏切ので撮影。

ちなみに、この踏切は自動車が通れる道幅がありながら、遮断桿に平行して目の前にガードレールが立っており、歩行者と自転車しか渡れないようになっている。何らかの経緯があるんだろう。


青×青




50000系・10030系(下赤塚—成増)

8000系の青、10000系列・30000系のエンジに続いて50000系列はオレンジ。統一性に欠けるが、変化があっていい。




10030系(下赤塚—成増)

モサっとした太丸ゴシックの行先表示は長年使われているもの。


9000系(下赤塚—成増)

東武初のステンレスカー形式・9000系のトップナンバー登場。ドアの寸法が第2編成以降と異なるこの編成は、有楽町線がホームドア化されたことでメトロに入ることが禁じられてしまった。
9000系では唯一正面の表示器周りが紺のままであるが、現在の種別幕が入った際、行先表示も細めの書体に変わったとのこと。



30000系(下赤塚—成増)

こちらも9001F同様に地下鉄直通から追いやられた組。





8000系(下赤塚—成増)

ついに来ました、お目当ての8000系幕車。快速に入り、車体色とバッチリ合った種別幕を出して登場。
池袋発着の「地上線」列車は全種別が10連であり、TJライナー絡みでない限りは形式を問わずに使われている感じだ。




10030系(下赤塚—成増)

この列車を以て成増の踏切を後にし、成増駅へ戻った。


妥協の産物

8000系はもう1本池袋方に入っている。成増から普通列車で移動するその途中でその8000系普通成増行とすれ違った。沿線でこの下り列車を撮るつもりだったが、成増の踏切で出会ってから結構時間が経ってたな。

上板橋で下りて、線路沿いの道をときわ台駅へ向かって歩く。


10000系(ときわ台—上板橋)

踏切でも何でもないところからの撮影。ちょうど歩いていたところに列車が来たから撮った、という感じ。
10000系は9000系に次いでの登場。10両固定の9000系に対し、他編成・他形式との併結を考慮した10000系は中央に貫通扉が設けられているが、どう見ても9000系よりダサい顔になってしまっている。


50070系(ときわ台—上板橋)

カーブの途中から後追いした50070系。地下鉄直通対応車だが、こうして「地上」運用にも就くようだ。


50000系(ときわ台—上板橋)

同じスマホ顔だが、こちらは基本の50000系。側窓が扉間2枚になったこの第3編成こそが50000系列のスタンダードと言えよう。


10030系(ときわ台—上板橋)

カーブのアウト側からズームで狙ったもの。8000系もここで撮ろう。




50000系(ときわ台—上板橋)

50000系トップナンバー登場。この日はまだ撮っていなかったな。見逃していたか?
この編成は先頭車が非貫通で、ライトケースもスマホ面の最下部に配置されていて印象が違う。アルミ地肌のフレームの隅に配されたライトケースはステキなデザインだったが、貫通扉設置によりそれができなかったこの編成以外のすべての50000系列の顔は「妥協の産物」である。前述の「9000系に対する10000系」もそれに当たるか?


10030系(ときわ台—上板橋)

幅の細い歩道踏切を行ったり来たりしながら列車を撮っていたが…


8000系(ときわ台—上板橋)

上り線側に立っていたときに踏切が鳴き、両方向の矢印が出た。そして8000系が来てしまった。さっきのカーブアングルで撮りたかった。





10030系(ときわ台—上板橋)

10000の顔や側板をスマートにした10030。



10050系(ときわ台—上板橋)

クーラーキセが連続型になった10050。
ときわ台—上板橋間の撮影はこれで終わりにして、ときわ台駅に出た。(つづく)

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)