2016年5月8日日曜日

16.5.5 おさんぽ川越号

ゴールデンウィークの中の三連休3日目。

前日4日は強風で出かける気も起きず。
この5日はこれまで撮れてなかった列車を狙いに7時頃近所へ出かけた。


おさんぽで

やって来たのは武蔵野線のいつもの場所。


205系(船橋法典—西船橋)

まずは歩道橋の上から。…通ってるときにたまたま来ただけだが。
LED行先表示器が入っているケヨM34編成。



205系(船橋法典—西船橋)

武蔵野顔ケヨM62。


205系(船橋法典—西船橋)

ケヨM14の方向幕は府中本町と境目の白が出ちゃうタイプ。



205系(船橋法典—西船橋)

お目当ての列車はこの向き。7時台は顔に日が当たらない。


205系(船橋法典—西船橋)

ケヨM7の幕は黒地で占めていてきれい。




E231系(船橋法典—西船橋)

お目当て登場。ヤマU53編成単独の5連。
おでこが無表示なのが残念だが、この列車は京葉線新習志野への回送。折り返して臨時快速「おさんぽ川越号」となる。
「おさんぽ川越号」はかの115系トタM40編成使用時に一度撮っただけだった。


E231系(船橋法典—西船橋)

湘南色E231系使用の武蔵野・京葉線乗り入れ列車はこの列車のほか団臨などでもちょこちょこ発生しているが、それ自体も撮ったことがないので、今回赴いた。
新鮮味はないので、他に撮影者がいなくて気軽に撮れた。

さて、本チャンがここに戻ってくるのは1時間後。
時間つなぎのため、西船橋駅近くの吉野家まで移動して朝食を摂ることにした。



3600形(京成西船—海神)

通りがかりの京成西船駅近くの踏切がちょうど鳴いて、ついでの撮影。
ステキなカーブだが朝はモロ逆光だ。連結器は横チン状態。



205系(船橋法典—西船橋)

ゆっくり食べてゆっくりおさんぽで戻ったが、通過20分ちょい前。
やはり撮影者はおらず。


205系(船橋法典—西船橋)

ブラックフェイス部分で目立つのはワイパーの雨だれ跡。


205系(船橋法典—西船橋)

こちらは虫の衝突痕が目立つ。





E231系快速「おさんぽ川越号」(船橋法典—西船橋)

「おさんぽ川越号」登場。先ほどとの違いは 臨 時 表示がある点だけ。
せっかくのLEDなんだから、列車名ぐらい表示できるようになるといいのだが。
列車は「しもうさ号」と同じコースで西浦和から大宮へ出て、さらに川越線に入る。
これで東武東上線に出て8000系リバイバルカラー編成たちを…というのもよかったなぁ、と過ぎ去る列車を眺めながら思ったのだった。

この日は「朝練」のみでおしまい。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)

2016年5月7日土曜日

16.5.3 T20thHM

西船橋から東西線で我が最寄り駅・原木中山へ。。
早朝から田町と西荻でたっぷり撮影し、小岩でゆっくり昼食を摂ってきたが、まだ13時過ぎだ。

東西線といえば、最近東葉高速2000系の1編成がHMを掲げて走り始めた。
開業20周年記念の装飾編成で、HMのほか、戸袋部には開業時に用意された1000形(旧営団5000系)のイラストをはじめとしたステッカーが貼られている。
前日2日の通勤時、妙典駅での始発列車待ちのあいだに向かい側に来たのが初めてきちんと見た瞬間だった。

帰りたくない電車

そんなわけで、疲れたら改札を出て帰れるという状況で、この日運用に就いているかもわからないHM編成を待つことにした。




05系(原木中山)

A線…カーブ側に現れることを期待して、2番線ホーム端で待ち構える。
最初に現れたのは05系37F。フルカラー&白色LEDになってからは初撮影。
以前から正面運転士側の帯がかすれているのが気にかかる。


15000系(原木中山)

15000系の快速。日中の快速というと東葉勝田台発着で車両も東葉車主体のイメージがあるが、AB線相次いでメトロ車。



JR E231系800番台(原木中山)

西荻窪でも撮ったミツK5。


05系(原木中山)

31Fは窓割りが06・07系と共通で、パンタも菱形のグループ。ヘッドライトも従来のものだ。



東葉2000系(原木中山)

西船橋始発の東葉車。



05系(原木中山)

またしてもメトロ車快速。3月のダイヤ改正で変化があったのかな?


15000系(原木中山)

B線もメトロ車。こうなると、東葉線内にメトロ車ばかりという時間帯もあるかも?


05系(原木中山)

39Fはまだ3色表示LEDのまま。


05系(原木中山)

28F。こうしてかすれのない帯を見ると、37Fは何が原因なのか?と考えてしまう。



15000系(原木中山)

15000系は中央線では見なかったな。


05系(原木中山)

カーブ側で撮った31Fの戻り。西船橋駅はとなりだ。




05系(原木中山)

05系の表示器の交換はワイドドアB修車のほか、B修時期に達していないノーマルドア車もこの34Fから続番へ進んでいる感じだ。
またメトロ車快速か。不思議な感覚だ。


東葉2000系(原木中山)

ようやく現れた東葉車の快速。東葉車も最近は正面帯のかすれが多い。



05系(原木中山)

車体が比較的キレイに見える26F。パンタに近いクーラーキセがあまり汚れていないのがわかる。


05系(原木中山)

これもカーブで撮った39F。



東葉2000系(原木中山)

東葉車の西船橋行。やっぱり東葉車は地元に帰りたがらなくなったようだ。
それにしても、HM車に当たらないな。


15000系(原木中山)

カーブで撮った編成が続々戻ってくる。




15000系(原木中山)

15000系トップナンバーも快速で東葉勝田台へ。
メトロ車快速が4本連続なので、この時間快速ばかり乗り入れる東葉線内は4本連続メトロ車ということになる。


東葉2000系(原木中山)

オサレな模様かと思うほどかすれまくっている2009F。
B線は2本連続東葉車快速か。連チャンローテになってるのかな?



05系(原木中山)

荻窪で撮った42F。


15000系(原木中山)

うーん、東葉HM車も来なければ、05系ノーマル顔や07系も全然来ないな。ペコちゃん型ばっかり。


東葉2000系(原木中山)

これもカーブで撮影済の2006F。



東葉2000系(原木中山)

ようやくA線に東葉車快速。…が、これもHMなし。
ここに立ち続けほぼ1時間経った。次の快速まで待って来なければあきらめよう。


05系(原木中山)

ほら、最初に撮った37Fが東葉勝田台から帰ってきちゃった。帯は中野方も同じ位置がカスカス。


05系(原木中山)

05系ラストナンバー・43F。


05系(原木中山)

42Fは本日3度目の撮影。




JR E231系800番台(原木中山)

画変わりのJR車。ミツK4。

そして、突然背後に撮影者が1人登場。…もしや? と思ったら…





東葉2000系(原木中山)

ようやく来てくれました。この小さいHMのために1時間待ちましたよ。
快速で去ってしまったので、HMのアップや側面のステッカーはまたの機会にしよう。
なお、記事のタイトルは5年前の仕事帰りに遭遇した15周年HM車の記事と同じ書式にした。時が経つのは早いな。

これを以てようやく撮影終了。疲れをひきずりながら自宅まで歩いて帰った。
東葉車も早く帰ったほうがいいよぉ、地元に。

【追記】
この記事のアップ後、東葉の公式サイトにHM編成の運行予定が出ていることを知った。
この日の列車は予定通りだったが、すでに予定とは違う運行の日も出ているようだ。運行は5月15日まで。

(右フレーム上部から入れるアルバムに、掲載した写真をカテゴリ別にまとめています)